30代主婦
2012年09月訪問
長野県上田市にある上田城へ行きました。上田市といえば真田幸村の里ということで駅に降り立ったところから真田色になっていました。六文銭の家紋入りの幟や甲冑姿のパネルなどもおいてありました。駅から徒歩10分~15分ほどで上田城跡公園に着きました。特に商店街などはなく、静かな町でした。
上田城は今はなく、跡地があるのみでしたが、公園内に入ると、人がちらほらいました。そして甲冑姿の武将隊が数名、門のところに居て、観光客と写真を撮っていました。個人的には武将隊よりお城に興味があったので早速、門の中へ入りました。門のところにはあの有名な「真田石」がありました!!これを見たかったんです!かなりの大きさで迫力がありました。これは動かないだろうと見れば納得の大きさでした。
また、西櫓はしっかりと残っている建築物でした。武者窓や鉄砲狭間などもあり、真田家が上田城にいた頃はもう鉄砲が主流になっていたのかと改めて感じました。この他にも公園内には真田井戸と呼ばれるものがあり、抜け道があったとかなかったとか言われています。

あくまで城址なので、華やかさはないものの、真田家の歴史を知るには押さえておきたいお城の一つだなと感じましたね。
長野県上田市二の丸3-3
0268-22-1274

上田駅から徒歩12分