30代男性会社員

2015年5月訪問

戦国時代の武将の中でも最も人気の高い人物は織田信長ですが、安土城は織田信長の天下統一事業の象徴として築城された近世城郭です。本能寺の変の際に安土城も消失してしまいましたが、現在も天主跡まで登ることが可能となっています。
安土城は山城だったので入り口から天主跡までは基本的に石階段を登ることになりますが、途中には羽柴秀吉や前田利家といった信長の武将だった人物の屋敷跡があるなど戦国時代の頃を想像させてくれます。他にも二の丸跡と伝えられている場所には織田信長の本廟があります。本廟は1583年に羽柴秀吉によって建立され、信長の太刀や烏帽子といった遺品が埋葬されており、本廟内に入る事は出来ませんが荘厳な雰囲気に魅入られました。
頂上には天主台の跡が残っており礎石が整然と並んでいて、この場所に地上六階地下一階の大建築物が建てられていたと思うと胸が熱くなりました。
現在では城跡の石垣だけが残る場所でしたが、織田信長の夢の跡を見ることが出来て良かったと思います。

image1427561201 image1427561202 image1427561203 image1427561204 image1427561205