60歳代夫妻

2013年6月訪問

高知市内の観光で、有名な「はりまや橋」を後にして高知城へ向かいました。 既に、お城は見え隠れしていましたが、高知城正面に高知市の官庁が並んでいて優雅な高知城とは一見、無粋な感じを受けないでもありません。 高知城の入り口でもある立派な追手門から門をくぐると、見えてきたのは立派な髭をたくわている「板垣退助の像」でありました。 彼は土佐高知の民権運動の創始者でもあり、暗殺されるときに“板垣死すとも、自由は死せず”という名文句は余りに有名ですね。

城郭を支える周囲の土台は重厚な石垣で築かれ、その上部に堂々と本丸、天守閣が聳えています。 四重五階という天主閣で、特に目立つのは最上部には縁ブチの欄干が付けられていることです。 各階層を望みながら最上階の展望層にまで上ると、此処からの眺めは城内園地をはじめ高知の市街地が一望できました。

高知城の築城の歴史は江戸初期とされ、関が原の後に土佐一国を与えられた、かの山内一豊によって築かれ、2代目の忠義の時代に完成したとされています。 山内一豊といえばNHKの大河テレビでもお馴染みですが妻・千代の献身振りが有名ですね。
現在の高知城は天守閣をはじめ、巨大な追手門などは築城当時の勇姿を留めているろされ、本丸御殿や天守閣、大手門とものに国の重要文化財に登録されているそうです。

image1427015801 image1427015802 image1427015803 image1427015804 image1427015805