40代主婦

2014年11月訪問

高知県高知市にある国指定重要文化財の高知城にすっかり魅了されました。天守閣を望みながらの道のりはおのずと気分も盛り上がりいつのまにか速足に。追手門と天守閣を一枚の写真に収められる城は珍しいとの噂どおり、追手門付近は絶好の撮影ポイントです。

そして午前9時の開門と同時に入城。本丸へはちょっと急な「まっすぐルート」とゆったり登れるルートの二つがあるので、体力や観光時間に合わせて選べます。天守閣への階段は、どこのお城でもそうですがかなり急でしたが、昇り始めた太陽の光と晩秋の朝のひんやりとした空気に包まれ凛とした空気が漂っていました。そこから眺める城下や、遠くに見える山の景色は神聖な印象すら感じられました。

当時のお殿様たちもこの景色を見たのかな、などと過去に想いを馳せたり、武将になった気分を味わったり。早朝の人が少ない時間は自分の世界に浸りたい人にはオススメです。高い山の上にあるわけではないので、見える景色は比較的近く、生活する人々の息づかいが感じられるような親しみやすい感じがするお城です。

image1424091201 image1424091203 image1424091202 image1424091204 image1424091205