60代の夫妻(主筆当人は男性)

2013年6月訪問

島根県の松江城のことです。

島根県の中心都市は勿論、松江ですがその象徴的とされるのが松江城です。出雲大社を参拝の後でシジミ漁が有名で本シジミの名産地といわれる何とも風光明媚な宍道湖を右に見ながら通り過ぎると、間もなくして松江市街に到ります。
そして丘の上に凛として聳え立つのが「松江城」です。 お城の本丸、天守閣は少し黒味を帯びていて天を指しています。

そのお城の本丸目指して石段を登ると、よく整備された庭園迎えてくれて、其処から城郭と天主を見上げると威風にして堂々と聳え立っていますし、内部の主な構造材は全て木造造りであり、当時の築城の模様を充分に伺うことが出来ます。

松江城の築城は戦国期の慶長年間とされ、築城は初代城主である堀尾吉晴(茂助・秀吉の直参)から三代に亘って建てられたとされます。堀尾吉晴の子供時代の名は茂助といい、かの太閤秀吉公とは幼少の頃から馴染みでもあり、殿下には大層可愛がられて、その穏やかな人物から“仏の茂助”ともいわれて親しまれたそうです。
お城の周辺はお堀と松の緑が巡らされて、周囲は終生を松江で暮らしたと言う小泉八雲や武家屋敷が取り巻いていました。

image1423212901 image1423212903 image1423212902 image1423212904 image1423212905